フィリピン ロングステイ 年金生活 海外移住 フレンドシップクラブ セカンドライフの新しいかたち体験してみませんか。

なぜフィリピン?

なぜフィリピンなの?7つのポイント

ポイント1 日本から近いこと。約3時間半。

なによりも近い。だから、行きたい時に行って帰りたい時に帰れる。これって、とても重要ですよね。時差だって1時間なので例えば東京をAM09:30に出発すると行きは時差で1時間得してPM01:10お昼頃には到着です。

ポイント2 物価が安いこと。日本の5分の1程度。

なにより物価が安い、日本の約3分の1~5分の1程度、ということは?あれも買って、これも食べて、いろいろ楽しんでもお財布にやさしい。ロングステイするなら、これもやっぱり重要ですね。

ポイント3 温暖な気候。年間平均気温26~27℃と過ごしやすい。

フィリピンは年間通じて暖かく、平均26~27℃と過ごしやすい。服装は日本の夏服でOK。冷房対策として上に羽織る物があればなおよし。からだにもやさしい。

ポイント4 永住ビザが取得しやすいことと、政府が受け入れに積極的なこと。

ポイント5 食べ物が比較的、日本人に合う。

フィリピンの料理あれこれ Let's try

  • レチョン子豚の丸焼き。お祭りや祝い事にはかかせない。
  • ラプラプフィリピンの代表的な魚(白身)とてもおいしい。
  • ハロハロフィリピンの代表的なデザート。フルーツ+かき氷。
  • シニガン日本の味噌汁にあたる、野菜と車エビを使った酸味スープ

ポイント6 医療が充実していて安心感がある。

ポイント7 日本に親近感があることと、フレンドリーな人柄。

フィリピンのひとは、とにかく明るい、そしてよく笑う。ロングステイヤーもやさしく受け入れてくれるフレンドリーな人たちばかり、私たちが忘れていた笑顔に出会えます。

フィリピンってどんな国?

  • セブ南北に細長いセブ本島を中心とした167 の島々からなるセブ
  • ボラカイフィリピン有数のリゾートアイランド、かつて世界のトップ10にも
  • トゥバタハ岩礁海中公園2つの環礁から成り高さ500mの サンゴがあります。
  • サンタマリア教会18世紀建造。教会全体を包む巨大な赤レンガが印象的。
  • サン・アグスチン教会1774年に完成した加工サンゴとレンガで築かれた教会。
  • ジープニーフィリピンの主な交通機関。料金は1区間約7ペソ。約15円

地理

フィリピンは7107もの島々から成る。インドネシアにつぐ世界第2位の群島国家です。世界遺産も多く、セブ・ボラカイなどの世界でも有数なリゾート地も目白押しです。

治安

基本的なルールと最低限の注意を払っていれば、過剰に神経質になる必要はありません。ただし、都市部と山岳部それと夜間は注意してください。

国民性

フィリピン国民の性格は、さまざまな文化が入り混じったものと言えます。東南アジアの中で最も”フィリピーノ・ホスピタリティー”(おもてなしの心)。これはほとんどのフィリピン人の性格に共通したものであり、特徴です。

気候

年間平均気温は26~27℃と過ごしやすいです。最も涼しい月は1月、最も暑い月は5月です。ですから、この時期はマリンスポーツや山のトレッキングに最適です。

通貨

通貨単位は、フィリピン・ペソPhilippine Peso(PHP)。平成20年11月現在、現地で両替すると1万円で約5000ペソ位です。

言語

フィリピンは、アメリカ、イギリスについで世界で3番目に英語を話す人口が多い国。もちろんタガログ語というフィリピン独特の言語もある。

タガログ語

ようこそ / マブーハイ / Mabuhay
ありがとう / サラマット / Salamat
いくらですか? / マッカーノ / Magkano
元気です / マブティ / Mabuti
おいしい /  マサラップ/ Masarap

資料請求・ご意見・ご質問などお気軽にお問い合わせください。

テクニカルブレイン株式会社 フレンドシップグループ

03-3837-4551

受付時間10:00~17:00 土・日・祝休